ノアコイン NOAHCOIN セミナーにフィリピン財閥のトップが登場!

本日ですが2017年4月15日に都内で

ノアコイン NOAHCOIN 関係のセミナーが開催されるので詳細をこちらにご報告します。

4月3日に、泉忠司氏が「4月15日(土)に日本でセミナーを行う」とフィリピンの財閥関係者に話をしたところ彼は「自分も日本に行く」と伝えてきたとのことです。

その方は経済誌「フォーブス Forbes」アメリカ版に特集されたフィリピン財閥のトップの方です。

彼はスケジュール帳を見ずにこれを決めたようで、
その後、彼の秘書から泉忠司氏に「可能であればセミナーの日を別にできないか」と交渉されたそうなのですが泉忠司氏は「日時を変えることは出来ない」と回答。
その後、秘書から「スケジュールに問題は無い」と正式な連絡が来てノアコイン NOAH COINのセミナー講演が決定したのだとか。

フィリピンでは、主な産業は全て財閥が握り動かしているので彼らの力は絶大です。

そのような立ち位置の方が講演にくるというので今回はとても興味深いなと思っていました。

こちらでセミナーの詳細や講演者の情報などをできる限り詳細にご報告致しますね!

【以下はご報告になります】

11時から本日のセミナーが始まりました。1800人規模のセミナー会場は満席です。

前置きの話ではノアコイン NOAHCOINの販売は現在世界記録を作っているとの話から始まりました。

本日は二人のゲストが来日しています。

2017年3月にフィリピンのマニラにてノアプロジェクトのインタビューに参加した

ドゥテルテ政権の顧問弁護士ブルースリビエラ氏(Bruce Rivera)

去年の2016年12月4日にも来日していたようですね。
彼のフェイスブックは15万人にフォローされているのだとか。
「貧困問題の解決」
「ノアシティ(NOAH CITY)の開発」
についての話、フィリピンに是非来てほしいとの話で終了しました。

もう一人のゲストはセンチュリー・プロパティーズ(Century Properties)のロビー・アントニオ(Jose Roberto Antonio)常務取締役。

センチュリー・プロパティーズはフィリピンを拠点に都市開発を中心に行うデベロッパーです。

センチュリー・プロパティーズはパシフィックスタービルなどのランドマークを筆頭に40以上のプロジェクトに関わるだけでなく、世界中のハイブランドや著名人とコラボするなど話題性にも事欠きません。

具体的にはアルマーニ、ベルサーチ、エルメス、ジョゼロベルトアントニオなどのハイブランドとコラボした超高級コンドミニアムの開発、

ヒルトングループのセレブ、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)が関わったフィリピン初の人工ビーチ付きコンドミニアム「アズール(AZURE)」の開発の他、なんと歌手のレニークラビッツなどともコラボしているのだとか!

最近ですとアメリカのトランプ大統領がアジア初進出として選んだマニラに、トランプ・タワー・マニラ(Trump Tower)を共同開発し話題になりましたね!

創業者は元中国大使のホセ・アントニオ氏(Jose Antonio)でフィリピンのドゥテルテ大統領から米国特使に任命された人物でもあります。

今回来日したロビー・アントニオ常務取締役は創業者の息子で、「フォーブス Forbes」アメリカ版に7回特集された方です。
フィリピンとアメリカで計4,500万平方フィート以上の不動産の開発を監督などし、フィリピンの最も豊かな人物の中に常に名前が挙がっています。
又、先のトランプ・タワー・マニラ(Trump Tower)を共同開発したと記載しましたが、トランプ一族とセンチュリー・プロパティーズのビジネスパートナーシップはロビー・アントニオ常務取締役とトランプ大統領の娘、イヴァンカ氏との友人関係からきているのだとか。
他にもトランプ大統領の次男のエリック・トランプ氏は、ロビー・アントニオ氏が経営する企業の顧問にも就任しているなどゆるぎない地盤を固めつつある経営者でもあります。

セミナーではロビー・アントニオ氏は「2週間に一度日本に来てもいい。ノアシティに日本人ビレッジを作るのも面白い」などの提案をされていてとても積極的でした。