フィリピンは投資に値する国

ノアコインが誕生したフィリピン

ノアコインが誕生したフィリピン

現在のフィリピンを私達はどれだけ正確に知っているのでしょうか。
日本で日常生活を送っていてフィリピンと深く関わりを持つ事はまれかもしれません。
結果イメージとして首都はマニラの島国。政情が不安、インフラの不整備、治安が悪い発展途上国などに留まるのかもしれません。
良いイメージとしてはボラカイ島やセブ島が有名な位。もしくはバナナの輸入先。

ノアコイン(NOAH COIN)発フィリピンの島々

ノアコイン(NOAH COIN)が誕生したフィリピンの島々

しかし私たちの知らない間にフィリピンは大変な発展を遂げているのです。

世界193ヶ国で今後35年間の間に世界中で最も経済成長を遂げる国とさえ言われています。

大手格付け3社がフィリピンを”投資適格国”に格上げ。フィリピン経済の力強さを高く評価しています。

2013.3.27 英国系格付け会社 Fitch Ratings(フィッチ・レーティングス)
2013.5.2 英国系格付け会社 S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
2013.10.3 英国系格付け会社 Moody’s(ムーディーズ)
2014.5.8 スタンダード・アンド・プアーズがさらに1ランク引き上げ
2014.12.12 ムーディーズがさらに1ランク引き上げ見通し「安定的」「政権変更後も続く見通し」

フィリピンの人口増加が圧倒的な経済成長を支えている

フィリピンと日本を比較すると、

  • 人口は日本とほぼ同じですが、日本の平均年齢が約45歳に対し、
    驚くべきことにフィリピンは平均23歳です。
  • フィリピンの人口は40年間で3倍に増加しています。
  • 首都マニラの人口密度はなんと東京の3倍です。

このような人口増加もフィリピンの圧倒的な経済成長を支えているのです。
現在のフィリピンは経済成長、人口増加の点から見てもちょうど高度成長期の日本に当たるのではないでしょうか。

以下の記事で世界各国の人口と経済成長について詳しく解説しています。
日本・フィリピン・各国の人口ピラミッドを比較!フィリピンの人口ピラミッドは世界トップレベルの美しさ!

ノアコインが誕生したフィリピン

ノアコインが誕生したフィリピン

フィリピンと日本の人口

フィリピンと日本の人口

フィリピンの人口

フィリピンの人口

英語圏のため多種多様な事業が世界中から集まるフィリピン。

フィリピンはアジアで唯一英語圏の国であり、アメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口が多い国として知られています。(国民の9割が英語を話します。)

総務、人事、経理に関連する業務やコールセンター事業等をBPO/ビジネス・プロセス・アウトソーシングというのですが、
綺麗な英語を話す上、人件費がとても安いフィリピンに(BPO)をおいている海外の企業は大変多く、
(アメリカ、イギリス、オーストラリアをはじめとした英語圏の主要企業や日系企業)
(BPO)産業を含めたサービス業が大きく成長しています。
(2016年1月現在、全就業人口の約56%がBPO産業に従事※出典:フィリピン国家統計局)

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)が急成長するフィリピン

生まれ変わる首都マニラ

フィリピン発ノアコインは投資に最適
過去のイメージを持ったままマニラを訪れた人は驚きの声を上げます。
マニラは現在、商業都市や観光都市として安全で健全な都市に生まれ変わりつつあります。

ノアコイン(NOAH COIN)で更なる発展を遂げるであろうマニラ

ノアコイン(NOAH COIN)で更なる発展を遂げるであろうマニラ

悪名高かったマニラ・ニノイアキノ空港は新しくリニューアルされていて、職員メンバーはとてもにこやかに。

人々は陽気で明るくホスピタリティに溢れています。

無料WiFiは至る所に飛んでいて(空港、駅、ショッピングモール、飲食店やコンビニ)
クーラーの良く利いた巨大ショッピング街が多数建設され、世界各国の料理などが安価で楽しめる。

街には最新の車やBMW、メルセデスベンツ、レクサスなどの高級車が行きかうなど。
ノアコイン(NOAH COIN)発フィリピンの首都マニラ02

マニラには近年沢山の発展したエリアがあります。

中でも特に発展が著しいマカティはフィリピン最大財閥のひとつであるアヤラ一族が開発したエリア。
高層ビルが立ち並びぶこの場所には世界中からの旅行者が集まります。
フィリピンの東京とも言われ多数の外国企業が進出しています。
エリアには約600㎡に渡るアヤラセンターがあり、そこには、高級ホテルや巨大ショッピングモール、デパート、スーパーマーケットが広がり一日では周り尽くせない規模です。
又、最近ではアメリカの大統領、ドナルド・トランプの最高級アパートメント「トランプ・タワー・マニラ」が完成間近と話題になりました。
トランプタワーは世界各国にあるのですがアジア初進出がマニラのマカティという事でまた世界から注目を浴びそうです。

ノアコイン(NOAH COIN)発フィリピンの首都マニラ
又、最近ではメトロマニラに位置するマッキンリーヒルエリアにVENICE GRAND CANAL MALL(通称 VENICE PIAZZA)という大型ショッピングモールが建設されました。
イタリアのベネチアをイメージされていてモダンなモール内には多数のお客さんでにぎわっています。

観光だけでなくアジアでは唯一の英語圏である為、「とても綺麗な英語が身につく」と語学留先として大変人気で、フィリピンに行く人は年々増えているそうです。


カジノ産業の市場規模は2018年までに56億ドルを超え、シンガポールを上回る

フィリピンには政府公認(大統領府傘下の国営会社「フィリピン娯楽ゲーム公社(PAGCOR)」)のカジノがあります。
これらは海外からの富裕層観光客を沢山呼び込み、現在莫大な経済効果を生み出
しています。
日本でも経済効果を狙ったカジノ法案が通過し話題になりましたね。

2013年3月にSolaire Manila、2015年2月にはCity of Dreams Manila、2016年末にはOkada Manilaがオープンし、2018年にはResorts World Bayshoreがオープン予定です。

さらに、マニラ湾の一部100haを埋め立てて4つのIRを集積させる巨大なカジノリゾート・プロジェクト(Bagong Nayong Pilipino Entertainment City Manila)も進行中。
アジア屈指のエンタテインメントシティーに生まれ変わりつつあります。
4つのIR合計の投資額は5000億円レベルと言われています。

スイス金融大手クレディ・スイスは、「同国カジノ産業の市場規模が2018年までに56億ドルを超え、シンガポールを上回る」と発言をしたとか。

PAGCORも「4つ全てカジノ建設が完成すればフィリピンのカジノ市場の収入は100億ドルにものぼる」と予想しています。

このままカジノ開発が進めばマニラはアジア一のカジノ都市になるのではないでしょうか。
そして更なる莫大な経済効果を生み出しフィリピンの発展につながると考えられます。

日本で感じるフィリピンの成長

このようにフィリピンは近年まれにみる大発展を遂げています。

日本にいてもフィリピンの発展を感る事があります。
40代フィリピン人男性の友人からです。
マニラ在住で決して裕福でない一般家庭に育った彼は毎年洋服やカメラ、宿泊するホテルのグレードが確実にアップしているように見えます。
聞けば景気が上がるにつれ収入もかなり上がり、来年は外車を買う予定という事です。

フィリピンは日本と昔から強い繋がりのある国

現在の日本には多数のフィリピン人が働きに来ています。
在日フィリピン人の数は229,595人で在日の全体の10.3%にもなります。
※国籍(出身地)別で、中国、韓国・朝鮮に次いで第3位(2015年末法務省統計)
※フィリピンに在留している邦人数は17,021人(2015年10月時点、在留届ベース・法務省統計)となります。

フィリピンは日本と昔から強い繋がりのある国で、1567年には毎年日本人がフィリピンに交易に来ていたことが記されていたそうです。

二国間の交流はスペインが占領する以前からあったのは驚きです。
はるか昔から日本とフィリピンの関係は続いていたのですね。

その関係は現在も続いていて、フィリピンのトランプ大統領と言われるドゥテルテ氏
東京で開かれたフィリピン経済フォーラムでは「農村を開発し、インフラ投資を増やすなどして雇用を増やしたい」と述べ、日本との経済関係を強化したいとの考えを強調するなど日本との良好な関係を築き上げようとの姿勢を現わしています。

又、ドゥテルテ氏は全ての犯罪者を犠牲にしても「わが国の問題を終わらせ、次の世代を破滅から救いたい」と発言するほど自国の改革に熱心な方です。
フィリピンの治安改善に更に期待がかかります。

日本と昔から親密な関係があったフィリピン。
フィリピンの現在、未来と世界中の注目が集まっています。

シェアする

フォローする